看取りの朝

今朝、早朝4時

私より8歳年下の従妹を看取りました。

その従妹の姉と母親

(私にとってのおば)と一緒に。

 

私よりも当然、

より血縁の深い二人の方が

強い悲しみの中にいるのは

見て取れます。

 

私自身は少し離れた立場なりに

できることを手伝おうと決め、

葬儀社さんとの

連絡調整を引き受けました。

 

しかし実際に対応を始めた途端に

自分自身の状態が

”普通で無い ”

ことに気付きました。

 

まず、葬儀社の担当者さんが

ゆっくり丁寧に説明してくれて

いるにも関わらず、

内容を完全に把握できず

繰り返し確認の電話をしてしまいました。

 

そして

 

連絡のために私自身の電話番号を

求められた時にスムーズに思いだせず、

しかも相当に間違った番号を

口走ってしまったり…

 

 

喪失悲嘆の専門家として

知識を持っている身でありながら

実際自分にこのようなことが起きると、

 

改めて 喪失悲嘆のショックがどれほど

ヒトの心と思考に影響

を及ぼすかを痛感しました。

 

***************************

 

《まとめ》

死別悲嘆のショックは

以下のような現象を引き起こす。

 

記憶力の低下… 簡単なことが覚えられない、

        思いだせない。

 

思考、判断力の低下… 考えがまとまらない。

           一度に複数のことをこなせない。

 

理解力の低下… 言われたことが良く分からない。

        適当に返事をしてしまう。

 

* 対策として * 

 

●自分は大丈夫!と頑張りすぎない。

●メモを取る。メールなど可能な限り文書に残す

 (日程や金額など特に数字が含まれるもの。)

一人で結論を出さない。周りと相談する。

●何事も急がない。慌てない。

 

●家族間のやり取りで

間違いが生じても相手を責めない。

『悲しいから、仕方がない。』

『悲しいのによくやってくれた…』と、

とにかく許しあう。

 

それが専門家に頼まずとも出来る

グリーフサポートの”いろはのい” 

 になります。


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Bart Hollins (木曜日, 02 2月 2017 10:45)


    Asking questions are in fact fastidious thing if you are not understanding anything entirely, but this piece of writing provides pleasant understanding yet.