カウンセリングの場所選び


基本的にご依頼者様が

話しやすい場所であれば

どこへでも伺います。

 

今までのどのような場所で行ったか

紹介しますと…

 

*ご自宅

*喫茶店

*ファミレス

*ビジネスホテルのデイユース

*貸し会議室

*ホテルのラウンジ

 

 

ちょっと変わった場所では

 

*故人と行ったお寺

*お墓参りを一緒にした後

その霊園の公園

*美術館

 

等がありました。

 

形にとらわれず御自身の望む場所で

お話しをするのが最良だと思います。

故人との思い出を墓参りを一緒に

行いながら語り、その後ゆっくり

座ってお話しする…というような形も

定番の対面形式のカウンセリング

以上に心を開放する効果があると

実際の経験としてあります。

 


場所選びの御注意事項


●場所選びは原則依頼主様に

行って頂きます。

 

 その理由は…

1、ご自身の生活圏なので私より詳しいから。

 

2、会場の選び方によって金額に差が

出るのでご自身の許容できる範囲で選んで頂きたい。

 

3、人それぞれ”これで良い”と思う環境が違い

こちらがお勧めする形が最適ではないから

 

例:ある人は「他人の視線が絶対に影響しない環境がいい」

⇒その結果ビジネスホテルを選択。

また、ある人は「他の人が同じ空間にいてもいい。

少し離れた席であれば…」

⇒その結果普通のコーヒーショップを選択。

 

4、”ご自分で選ぶ”という考え方が

悲嘆回復に良い影響を及ぼすから。

 

以上4項目が依頼自身に選んで頂く理由です。

もちろん、ご相談いただければ一緒に

インターネットで検索するなどの

お手伝いは致します。遠慮なくご相談下さい。

   


●男性のご依頼者様の場合、

ご自宅訪問は遠慮させていただいております。

 

介護従事者でも医療従事者でもない

社会福祉の関連でもない女性が

大切な方との死別後のご自宅に伺うのは

ご近所への印象を考慮すれば

意識的に避けるべきだと思うからです。

 

どうぞご自宅以外の場所をご指定下さいますよう

お願い致します。

 

 ●お部屋は散らかっていても大丈夫!

 

「ごめんなさい掃除ができていなくて…」

とお詫びをされる方がいます。

悲しい時は掃除が億劫になるものです。

多少散らかっていても、

どうぞお気になさらないでください。

 

ご自宅で、故人と暮らした気配を感じながら

お話しすることもカウンセラーとしては

有り難い共感の材料となります。

 


◆予約・お問い合わせはこちらからどうぞ!


*** 以下の内容をご記入下さい ***

 

<お問合せの方>

■お名前 ■メールアドレス■お問合せ内容

 

<カウンセリング予約の方>

■お名前 ■メールアドレス 

■希望の日程 ■希望の場所 

■今回の悲しみの概要

(大まかにあらすじを教えて下さい)

************************************************

お返事は24時間以内に差し上げます。

もし届かない場合はメールアドレス記載内容の

不備が考えられますのでその際にはお手数です

が mierukasha@gmail.com に直接メッセージを

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です