人の死を考えられなくなった日本人の傾向


私たち日本人の世帯構成は

今や1世帯当り2.49人です。

2015厚労省国民基礎調査)

 

単身か二人世帯が主流で

自宅で老人と暮らすケースは極端に少なく最期は家ではなく病院や施設で

亡くなる方の割合が全体の9割を占め

 人が老いて亡くなっていく様を支え

見届ける経験が皆無に等しくなりました。

 

 

さらに高度な医療に支えられ

6歳になるまでに子供が亡くなる指標の

乳幼児死亡率は

2015年には1000人中2.7人の水準。

 

平均寿命は2015年には

男性80.79歳 女性87.05

の数字に到達しています。

 

とにかく 

*身近に人が亡くなる経験をしない。

*人の死が日常生活から切り離されている

*人の死の周辺の対応は

病院か葬儀社に丸投げ

 

という社会環境が完成しています。

 

   * * * *

 

人の死の周辺で、残された人々は

どのような状況に陥るのかを

目にする体験に乏しく

 

人の死の周辺の経験不足が発端で

死の悲しみの中にいる人を

 

*極端に避けたり

*的外れな気づかいや

*配慮に欠ける言動

 

によって

悲しい人々を傷つけていることが

今までのカウンセリング依頼者さまの

発言から汲み取ることができます。

 

そして、自分の大切な方を亡くす時にも

人の死に関する経験が無いということで

 

「どうしたらいいかわからない。」

「どのように考えれば心が落ち着くのか分からない。」

「これから自分がどうなるかわからない。」

 

自分なりの死生観というものが

構築されていないことが

ご自身の死別悲嘆との向き合いを

混乱させることにも繋がっています。

 

   * * * *

 

私たち日本人は

”常に前向き”

”泣き言を人に言わない”

ことが美徳という意識が

強いように感じます。

 

TVの報道でも

気丈に振る舞い、

けなげに耐える姿が素晴らしい!

と、人物を評価するような

情報が頻繁に流れます。

 

しかし実際は違います。

短期間では回復できない人もいます。

普通の方でも回復まで

4年半程度の期間を要する

という統計が取れています。

 

いつまでもくよくよしていてはいけない。

人のに泣き言をいうのはみっともない。

楽しい話はするけど悲しい話はしてはいけない。

いつも前向きでなければいけない。

悲しい気持ちは表に出さず普通にするのが正しい。

 

このような考えに囚われ

 

誰にも相談できない…

話せないから自分の中にため込む

ため込むから心身に悪影響がでる。

体の不調の原因がグリーフなのに

それに気づかない

結局、社会生活にも影響が出る

 

そういった悪循環に陥ります。

 

   * * * *

 

死別悲嘆からの回復は

人に想いを打ち明けることから

始まります。

 

想いを打ち明けることで

溜まっている感情を吐き出してください。

 

ほんの少し軽くなった心で思考を整理し

ご自身のこれからの人生をご自分なりに

考え始めて頂きたいのです。

 

「誰にも相談できない。」

そんなときは

悲しいココロ見える化舎が

 

お話しを伺います。