グリーフを学んで癒す


悲しいココロ見える化舎は

一般社団法人

日本グリーフ専門士協会と

タイアップしております。

 

死別悲嘆・喪失悲嘆(グリーフ)を

学び・理解することで、悲しみの感情の癒しが促進されることがあります。

 

まずは無料で学んでみませんか? 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 《期間限定》

はじめての方でもわかる

グリーフケア特別WEBセミナー

(2時間/無料)
 
<内容> 
①グリーフケアとは何か
②看取り(死)を捉えなおすポイント
③7つの悲嘆のプロセスと対応の基本

④対人支援者としての心のバランスをとる方法

⑤終末期の方の力になるために知っておきたいこと
 
    
インターネット環境があれば、
パソコン、タブレット、スマホの
いずれでも参加可能です。
   
無料とはいえ、各地で行なっている研修の
内容のポイントを時間内で精一杯お伝えしています。
人数は限定ですが、必要な方に届くと嬉しいです。
   
参加希望の方は以下からご登録ください。
 
http://grief-online.com/webinar_kokuchi/


本格的に学びたい方にはこちら…

グリーフ専門士養成スクール(BASIC)

コース概要

看取り前後から始まる、死別の悲嘆に苦しむ人の支援に大切な《グリーフケアの基礎》が身につく講座です。

「分かる」「出来る」「感じる」ことを目標とし、悲嘆に深く寄り添うための具体的な行動ができるようになる4日間です。

 

●大切な人に寄り添うための基礎を身につける

●喪失体験を支えるグリーフケアの基本原則

●死(看取り)をより良いものにする捉える

●7つの悲嘆のプロセスと対応のポイント

●アドラー心理学を活かしたグリーフケアとは

●対人援助者が忘れてはならない3つの柱

相手を支えるための二つの視点

●卓越したカウンセラーだけが知る効果的な関わり

職場・家庭のコミュニケーションを劇的によくなるコツ

●終末期の方の力になるために知っておきたいこと

●相手の価値観に寄り添うポイント

●援助者として常に心のバランスをとる方法…等

 

(※状況に応じ若干の内容変更の可能性あり)

講座の進め方・費用など

最新のシステム(zoom)を使った

インターネットによる双方向対話型の授業で

インターネットの環境さえあれば、

パソコン、スマートフォン、タブレットの

いずれでも「ワンクリック」で参加可能です。

 

〇認定者の一定水準を保つため、

講座終了時は「仮認定」となります。

グリーフ専門士の「正式認定」は課題と

レポートの提出をされた方となります。

 

 〇フォローアップ制度が多数あります。

・受講生同士の交流会 ”ウェブ飲み会”

・フォローアップ研修

・メールマガジン

・協会主催のグリーフ情報発信の講演会

などなど

 

 

【参加費】

59700円(認定料込み)

※各コース4日間(毎月開講)

1日あたり3時間30分

合計14時間