Mieruka舎のへのご訪問ありがとうございます 《ごあいさつ》

このたびは悲しいココロ見える化舎

へのご訪問、誠にありがとう

ございます。

 

私は死別悲嘆・喪失悲嘆

”グリーフ”に特化した

訪問カウンセリングサービスを

提供しております。

 

千葉 カオリと申します。

 

 

 この活動に至った詳しい経緯は

プロフィールに別途記しますが

 

 私は2000年に

実母をホスピスで看取った10日後に

実父が自死するという衝撃的な

経験をしました。

 

そのため2週連続で葬儀を執り行い

それに続き当時借家住まいであった

両親の住まいを早急に引き払う

必要性も生じました。

 

度重なる死別の衝撃が落ち着かぬまま

連続2回の葬儀から1か月経たない

うちに慣れ親しんだ実家も失う状況に

至りました。

 

同時多発的な死別悲嘆と喪失悲嘆の

影響が積み重なったことと

幼少期からの喪失感も影響して

(詳細は別途プロフィールに記入)

 

 その後約10年間死別悲嘆“グリーフ”

起因する心身の不調を経験し

 一時は“引きこもり”状態に陥るほど

 死別悲嘆の症状が重症化しました。

 

 その後、自己を回復させるために学んだ

数々のグリーフ専門知識現役の医療

従事者である日常から体得していた

コミュニケーションスキルを活用し

 

 

「この苦しかった経験を誰かの役に

立てることはできないだろうか?

 

 

と自然に思うようになりました。

 それと同時に苦しかった当時の記憶にあった

 

 *自分が一番つらい時に

 相談相手がいてくれたら

 どんなに救われるだろう…

 

 

*死別で傷ついた心は

 この後どうなっていくのか

 その顛末を知っている人がいたら

 どれだけ励みになるか…

 

 

*死別の前後にこういう人が

 そばにいてくれたらどれほど心強いだろう…

 

*長かった葬儀後の苦しい時期に

話しを聴き、相談に乗ってくれる人が

いたらどんなに救われたか…

 

 

 と、当時の自分の状況を思い出しつつ

理想のグリーフサポーター

像を構築すべく

 

2012年より

 死別悲嘆・喪失悲嘆に特化した

 訪問カウンセリングサービス

提供して参りました。

 

 

 

日本中探しても

 死別悲嘆・喪失悲嘆に特化した

グリーフカウンセリング

 を提供しているカウンセラー少数で

かつ訪問で…というのは

 非常に珍しいことと思います。

 

 

どうぞご縁のある方は遠慮なく

 お声かけください!

 私の体験と知識の全てを駆使し

 全力であなたの心をお守りします。

 

 悲しいココロ見える化舎

 千葉 カオリ